作業工賃に決まりはあるの?


 

作業工賃って、各お店によって価格に差がありますが、上限下限などの決まりは一切ありません。

ディーラーでは、1時間あたり平均7,500円を基準として、作業が完成するまでの時間を元に算出します。
ただし、この作業に掛かる時間の算出は、ネジの位置や取り外し方など全てを予め把握した上で、何のトラブルも無く順調に作業を完成させる時間となります。

例えば、ディーラーの算出では1時間で完成の計算で7,500円の作業工賃の掛かる取り付け・修理の場合でも、作業によっては実際に1時間では済まない場合があります。

車のネジが固着して外れない・・・
車内の場合は、様々な電装品がが取り付けてあり、配線がごちゃまぜになっていて探すのに時間がかかる・・・
予想外のトラブルを発見した・・・

など、いろんな事があります。。。

では、ディーラーでの作業の場合、1時間を超えてしまったからといって、お客様に追加で作業料金を請求するでしょうか?
作業料金の算出は時間計算ですが、お客様には時間で請求しているわけではありませんので、1時間を超えた分を追加で請求する事はありません。


お客様にとっは、同じ作業なら、やはり少しでも安い作業工賃のお店を選びたいですよね。。。

でも、取り付ける商品は同じでも、お店によって作業の仕方が様々です。何に重点を置いているかによって、変わります。

お店の方針として、「とにかく安く早く」が基本の場合と、「とにかく丁寧」が基本の場合では、仕上がりに差が出ます。


色んなカーショップがあり、作業工賃を表示していますが、表示金額に○,○○○円という表示が多いのは、なぜでしょう?

同じ商品の取り付けでも、車種によって作業の工程や取り付けに掛かるおおよその時間が異なる為ですが、インターネットなどで「○,○○○円~」と、どこのお店よりも格安の表示の場合、本当に限られた車種のみの値段や、実際には追加の作業を依頼しなければ完成する事のないような、中途半端な作業での工賃表示だったりしますので、事前にご自身のお車の車種で表示の作業工賃での取付は可能なのか確認しましょう。

ハッキリとした作業工賃が知りたい場合は、面倒でも一度お店に行って工賃を聞くのが一番です。

作業の内容によっては、一般のカーショップよりも予め決められた工賃算出のディーラーの方が工賃が安い場合もあります。依頼する内容によって、上手く使い分けるもの良いかと思います。

 




同じ商品の取り付けで、各お店によって作業工賃が違うのはなぜか???

各お店で工賃を決める場合、やはり、作業の内容と時間、他社の工賃などを考慮します。
当店でも、やはり作業の内容やそれに掛かる時間などを考慮して工賃を決めていますが・・・


例えば、夏用から冬用のホイールの履き替えでの工賃も様々で、4,000円以上のお店も実際にあります。(タイヤのはめ変えではありません)

作業の内容としては、お持ち頂いたタイヤ付きのホイールを、1本づつ交換していく作業となります。

この作業、お客様ご自身でも可能な作業ですが、車に付属の小さなジャッキを使用して、1箇所づつジャッキで上げて交換していかなければならず、時間を考えると、慣れない人では1時間以上掛かります。

では、設備の整ったお店では・・・?
リフトで車を上げて、交換していきますが、ジャッキのように1回づつ下ろしては上げての繰り返しではなく、1度リフトで車を上げるだけで作業は出来ます。

工具も揃っていますので、ナットの取り外しや取り付けなどは一瞬で完了します。トルクレンチという工具で、決められたトルクを掛けてナットを締めるので安全面もバッチリです。

ご自身で作業するのは、かなり大変ですが、専門のお店では簡単な作業となります。

実際にはリフトでのタイヤの履き替え作業よりも、お持ちいただいたタイヤを車から出したり、履いていたタイヤをビニールに入れて車に積み込む作業の方が時間が掛かるかもしれません。。。

 

当店では、ホイール付きの夏用タイヤと冬用タイヤの

履き替え工賃は2,000円となっています。

作業内容と時間を考えれば2,000円で十分な作業ではないでしょうか?



作業を依頼するなら、内容を重視しましょう!


同じ作業を依頼するなら、その場限りの適当な配線の取り回しをされて後で困るより、後の事まで考えて作業をしてくれる方がイイと思いませんか?

例えば、他店でセキュリティーの取り外しを依頼して、次に当店で車内の電装品の取り付けをご依頼されたお客様で、セキュリティーの配線が残ったままで、見えない所に適当に束ねて隠されて、余計な配線が大量に残ったまま・・・というのがありました。

絶縁処理も厳かなので、何かの拍子にショートする可能性もあり大変危険な状態でした。

キレイに組み付けてしまえば、見えない所はどうなっているか分からず、危険な状態のまま作業を終えてしまうという、無責任なお店もありますので注意が必要です。


工賃の安い高いは、作業内容に比例するわけでもありませんが、作業を依頼されるお客様自身が内容をよく確認される事が一番大事です。

安いから適当なのか???
では、高いとその分キッチリ作業をしてくれるのか???

作業終了後、ご自身で確かめる事が出来る場合はイイのですが、なかなか皆さんそうはいきません。。。

どのように取り付け方をしてくれるのか、今は予算の都合上無理だが、次に取り付けしたい部品がある場合、予め伝えると、先の事を考えた取り付けをしてくれますので、積極的に相談するのがイイと思います。



当店は、お客様のお車それぞれに最適な配線の取り回しや、今後の事を考えた取り付けを行っています

今後の予定をご相談頂けると、なお最適な取り付け、あるいは最適な順番など、工賃も安く済ませる方法もアドバイス致しますので、是非ご相談下さい。


外車の工賃はなぜ高い?

外車の工賃は日本車よりも割高の場合が多く、お店によっては外車は受け付けてくれない場合もあります。

車の基本的な構造としては、外車も日本車も大差ありませんが、外車の場合は日本車よりも、修理や取付の場合に1工程・2工程もしくはそれ以上に作業の工程が多く時間が掛かる車種が多いのです。

時間が掛かる=より複雑

特殊な専用工具が必要な場合もあります

複雑で作業しにくい為、何かあった時のお店側の責任を考えた場合、大手は外車は受け付けない・・・もしくは、作業工賃をビックリする程割高にして、諦めさせる・・・という方法を取っています。

でも、作業によっては日本車と何ら変わりのない作業も沢山あります

外車だからといって、とにかく全ての工賃が割高になるのは

「外車だから・・・」という、言葉に騙されている面も多くあります。

当店では、外車だからといって全ての作業が割高ではありません。

本当に作業工程が日本車よりも複雑で時間が掛かる場合のみ、工賃をアップさせて頂いてます。もちろん、お客様には工賃アップの説明をきちんとしています。単に外車だから高いよ!というような曖昧な説明はいたしません。

日本車と何ら変わりのない作業の場合は、日本車と同じ工賃で作業していますので、ご安心下さい。