NP-F13ex  
 

 
 
5inch アルニコフルレンジ ノンプレスコーン
 
 

新開発ノンプレスコーンを採用した更なる高音質をリアルに実現する5インチフルレンジです。軽量リジッドなコーン素材は理想的磁界を誇るアルニコマグネットにより駆動され、単一ユニットからとは信じがたいほどワイドでフラットな周波数特性を実現しています。

ディープな低音域からトゥイーター顔負けの理想的音圧の高音域まで広帯域に渡って、雑味のない彫りの深い自然音を再現できるハイクラスシリーズフルレンジです。

 Music power : 100W / Sensitivity : 84dB /Frequency response : 60-20,000Hz / Outer dimension, Diameter : 148mm / Fixing hole diameter : 119.4mm / Installing depth : 57mm / Impedance : 8 ohm 

(上記メーカーホームページより引用)

 


 

今までとのアルニコフルレンジEXとの違いは?

 

今までのアルニコフルレンジEX(FD0590EXなど)は6Ωですが、NP-F13exは8Ωです。

インピーダンスが異なるとどう違うのか?については、ヘッドユニットやアンプとの組み合わせによっても異なるので一言で言い表す事は出来ませんが、NP-F13exに関してはPHASSのREシーリズ(RE50以上の機種)のアンプとの組み合わせにおいて、最高のコンディションを発揮出来るように作られています。

だからといって、今までのFD0590EXとREシリーズのアンプとの組み合わせが悪かった訳ではありません。今までのFD0590EXで不満に感じる事はありませんでした。

市販のナビのみの組み合わせにおいても、FD0590EXは他のスピーカーとは比較にならない程、圧倒的な存在感がありました。

 

では、NP-F13exを市販のナビや他のアンプと組み合わせた場合は良くないの???と言えば、そうではなく、今までよりも高域の伸びが良くなったと感じます。そして、今までよりもより細かい音が分かるようになっています。

良く聴いている曲でさえ、新たな発見があったりします。

もう一つは、スピーカーのコーン紙が異なります。FD0590EXはプレスコーンで、NP-F13exはノンプレスコーンです。スピーカーの表面から見るとどちらも同じように見えますが、裏側から見るとコーンの違いが分かります。毛羽立った手漉きの和紙のような感じです。

コーンが変わると音質も変わりますが、単にコーンとインピーダンスが変わっただけでなく、全体的にヴァージョンアップされているようです。

 

ノーマルタイプのアルニコフルレンジ(EXと表記の無いアルニコフルレンジ)からアルニコフルレンジEX(FD0590EXなど)との比較はかなり衝撃的でしたが、FD0590EXとNP-F13exとの比較に関しては衝撃的というよりは、小さかった可愛い親戚の子がしばらく会わない間に立派に成長して好青年になった・・と言った感じでしょうか(笑)

 


 

 

 

上の画像は左側がFD0590EXで、右側がNP-F13exです。

FD0590EXは取り付け後3年以上経過しており、コーンが劣化しています。

スピーカー自体の見た目(デザイン)に関しては、新旧同じですが裏側から見るとコーン紙の違いが分かります。マグネットのカラーはブルーからレッドに変更されています。

 

 

上の画像はスピーカーの裏側を写したものですが・・分かりにくいですが毛羽立った手漉きの和紙のような感じです。

 

 

 

 

上の画像はプジョー・リフターです。ドアの内部は変わった形状でセッティングが大変でした。こちらの車輌は純正オーディオのみの組み合わせです。

 

 

完成直後の試聴では、高域が少しキツく感じました。。。

約3ヶ月後にアンプの取り付けでご来店いただいた時に試聴しましたが、その時には当初気になった高域は落ち着いたようで、全体的にまろやかになっていました。

 


 

メーカーホームページからはすでに削除されているFD0590EXですが、メーカーに在庫がある間は販売可能です。

 

NP-F13ex ¥130,000-

FD0590EX ¥115,000- (価格改正で値上がりしています)

 

価格改正で新旧スピーカーの価格差が ¥15,000- となり、現時点ではスピーカーのメンテナンスまでを考えた場合、わざわざ旧スピーカーのFD0590EXを選択するメリットが少なくなってしまいました。

上記価格は税抜価格です。。。

 

NP-F13exとFD0590EXのどちらが良いか???

で悩んでいるオーナー様が多いのですが、選ぶ基準としては今後アンプの追加などのカスタマイズを一切行わない、又は乗り換えと同時に廃棄する(スピーカーの状態によって)など、限られた使用のみであればFD0590EXでも良いかと思います。

ただ、個人的にはFD0590EXはとても好きなスピーカーで、このまま消滅してしまうのはかなり残念に思っています。記念に数セット保管しておこうかとも思います。。。

 

PHASSのスピーカーは本体に損傷がなければ、有料ですがコーン紙の張り替えが可能です。ただし、FD0590EXなど(ブルーのマグネットカラー)は、すでにコーン紙のストックに限りがあるため、数年後に張り替えなどのメンテナンスが不可になっている可能性があります。

 

NP-F13exとFD0590EXでお悩みのオーナー様は、上記を踏まえたうえでご検討下さい。