オーディオ ノイズ防止方法

 


 


まず、外部アンプを搭載している場合、ケーブルの設置場所や使用している機器によっては様々なノイズがスピーカーから聞こえる時があります。

元々1つのオルタネーターからバッテリーを通して電気が流れているので、ノイズのレベルは様々ですが、オーディオに限らずとも元々何かしらのノイズは必ず発生しています。

カーオーディオに関しては、アンプを取り付けた際に、信号の増幅でノイズまでハッキリと分るようになった・・・と言うだけで、アンプの取付前からノイズは発生していたのですが、聞えなかったと言うだけのことなのです。。。

 

スピーカー自体に問題が有る場合、こちらもノイズが発生する可能性があります。スピーカーのコーンを破損させた時や、見た目には変化が無くても落下させてしまった・・・定格をオーバーした電流が流れてスピーカーが破損した・・・など。

また、アンプのゲインが高すぎても、ツイーターから「サー」と言うノイズが聞こえたりします。RCAやスピーカー端子の接触が悪い場合や、その他アンプ自体に何かしらの異変(劣化や寿命など)がある時にもノイズが発生します。

CDなどのユニットが不調の場合にも、ノイズが発生します。

オルタネーターやバッテリーの劣化、それ以外でもありとあらゆる劣化が原因となります。

 

 


 

ノイズ発生の原因については様々ですが、漠然と原因を追求するのは困難です。

まずは、ノイズがいつから発生したのか・・どのようなタイミングで発生するようになったのか・・ノイズが発生するのに規則性はあるのか・・

など、ノイズ発生に関する情報を出来るだけ正確に把握する事が重要です。

 



スピーカーに耳をくっ付けないと分からないレベルのノイズから、アクセルを踏んだ時などにヒュイーンと聞こえるノイズ、市販のHIDを付けた時に多い高周波ノイズ(ラジオノイズ)など

これらのノイズを除去する方法として、1番手っ取り早いのがノイズフィルターです。ただし、ノイズフィルターならば何でもイイのか・・・?と言うと、ノイズの種類に合うフィルターを取り付けなければ効果はありません。しかし、ノイズフィルターは無駄な努力をしなくても、かなりの割合でノイズが軽減されます。(軽減されるだけで根本からノイズが無くなるワケではありません)


ただ、ノイズフィルターを取り付ける前に、運が良ければ少しの作業でノイズが軽減する場合があります。(無駄な努力になる場合もあり)

オーディオの音質を重視するなら、出来る限り余計な機器を挟まないのが理想なので、フィルターを取り付ける前にいくつかの確認をしてみます。

 

電源ケーブルと音声信号ケーブルは、可能な限り離す事が前提です。電源ケーブルとRCAケーブルなどを一緒にして束ねて通している場合などは、まず両者を最大限離す事から始めます。

電源ケーブルが助手席側であれば、RCAケーブル類は運転席側を通すように変更して下さい。

 

ノイズフィルター以外でノイズ除去を行う方法として、まずアースの見直しです。

アンプを設置していると前提して、アンプから
・アースケーブルの長さ
・アースケーブルの太さ
・アースの場所
上記を確認して、アースケーブルの長さが長すぎる場合は、短く済む場所に変更可能であれば出来るだけ短くする。

長さの変更が不可の場合は、ケーブルを1段階または2段階太くする。シッカリとアースの取れている場所かを確認する。鉄板の塗装を削った方がより確実です。


上記で問題がなければ、バッテリーのマイナス端子からボディーアースの純正ケーブルを現在より1段階又は2段階太いケーブルに変更する。

ケーブルの詳細についてはこちらをご覧下さい。

 

安定化電源などを使用している場合は、取り付けの説明書を確認し、電源とアースを同じ長さに揃える旨などの記載がある場合は、可能な限りそれに従うようにして下さい。

 


 

ノイズの原因がオルタネーターノイズの場合、上記の他にもオルタネーターから1本バッテリーのマイナス端子又は、近くへボディーアースしてみます。この場合にも、出来るだけ太く短いケーブルを使用します。バッテリーのマイナス端子かボディーアースのどちらが効果的かは、実際にアースを取ってみないと分りません。

オルタネーター本体が古くなって弱っている場合、ノイズが大きくなりますのでアースの見直しの前に、オルタネーターを新品に交換する方が確実です。


もう1つ、ヘッドユニット本体のアースです。ユニット本体のアースはどこで取っていますか?

ユニット裏の鉄板を利用している場合が多いと思いますが、純正オーディオを使用していた時の配線の中にアースがあると思いますので、切断して、そこに繋げるの方が効果的な場合があります。

 

アースの場所やケーブルの太さ・長さに関しては、実際に作業してみないと効果は分りませんが、参考にして下さい。

 


 

市販のHIDを取り付けた際に、ノイズが発生する可能性があります。

このノイズに関しての対策もアースの取り直しや、バラストの設置位置の変更がほとんどになりますが、実際にアースの取り直しでノイズが無くなる事は、ほぼありません。成功しても若干減少する程度となります。

アースのケーブルを少し太いのもに変更して試してみるのも良いかと思います。

根本的にHIDのバラストやバーナーから発生するノイズがスピーカーに乗ってくるので、原因となるHID自体を取り除かなくてはノイズは消えません。ノイズフィルターで軽減は可能ですが、HIDのノイズは強力な為、完全に除去するのは難しいです。

ノイズ対策を施してあるHIDを探して取り付けるのが、現時点でのノイズ対策となります。

 


 

ノイズ対策で、アースの見直しをすると、結果的に車輌自体の変化も現れたりします。

アーシングと同様の効果が得られ、ノイズ対策と一石二鳥となって良い場合がありますので、ノイズに関しては無駄な努力を覚悟の上、是非お試し下さい(笑)

 


 

アンプ取り付けと同時にノイズが確認出来る場合は、ケーブルの取り回しやアース、オルタネーター又はバッテリーの劣化が原因の可能性が高いです。(ただし、アンプやヘッドユニット、スピーカーが正常の場合)

 

当初は聞こえなかったノイズが、経年により途中からノイズが出るようになった場合は、ケーブルの取り回しやアースなどが原因ではなく、各オーディオ機器の劣化(オルタネーターやバッテリーも含む)が原因となる場合が多いです。

 

ノイズにお悩みの方は、まずノイズの発生時期がいつからなのかを考え、それに合わせて原因の特定をする方が近道かと思います。

 

 


 

アースの見直しを行っても、ノイズが必ず改善されるとは限りません。殆どの場合が、若干マシになった・・や、変化が見られない・・です。

改善されれば、かなりラッキーだと思って下さい。

 

ノイズを完全に取り除くには、原因が分かっていれば、その機器の取り外ししかありません。完全に取り除くのが不可能な場合、改善策としてやはりノイズフィルターが有効です。

でも、フィルターが無くても、気になるようなノイズなんか入っていない!!と言うのが理想ですよね。。。
 
上記のノイズ対策は、専門知識の無いユーザーさんが行なっても比較的安全な作業のみご紹介しています。
 
ノイズ対策で、その他有効だと言われているフェライトコアの使用もありますが、ノイズの種類やフェライトコア自体の知識が不十分な場合、安易に取り付けを行うと危険です。
フェライトコア自体の取り付けが簡単なので、つい試してみたくなるとは思いますが、思わぬ所で不具合の発生や、発熱によりショートしたりする危険が有りますので、むやみに取り付けはしないで下さい。。。
 
 
 

 
 

ノイズ発生 → 原因解明の事例

 

スピーカーからノイズが発生する原因の特定に至ったパターンをご紹介します。

カロッツェリアの1DIN CDユニットとスピーカーの組み合わせにおいて、電源を入れてしばらく時間が経過するとノイズが発生していました。

音量を大きくすると、それに比例してノイズも大きくなります。

CDユニットが異常なほど熱を持っていたので、CDユニットの内部アンプが原因ではないかと予測して別の同じくカロッツェリアの1DIN CDユニットに交換してみましたが、ノイズが消える事はありませんでした。

この場合、単純に消去法で考えると残りはスピーカー本体かスピーカーケーブルとなりますので、スピーカーを交換してみたり、スピーカーケーブルを交換してみたりと一通り試してみましたが、ノイズが無くなる事はありませんでした。

 

1DINのCDユニットが2台共に同じメーカーで、電源やスピーカーなどを接続するカプラーは変えずにそのまま使用していましたので、ふと気になって念のためカプラーとケーブルを接続する端子部分の接触などを確認したところ、電源を接続する端子部分が広がって緩み、簡単に抜ける状態となっていました。

その他の端子部分については問題ありませんでした。

広がっていた端子部分を新しい端子に打ち替えて全て接続しなおした所、悩まされていたノイズはきれいサッパリと消え去りました。

原因は端子部分の緩みによる接触不良だったようです。

接触不良といっても、電源が落ちたり付いたりを繰り返すような分かりやすい接触不良ではなかったのが今回のポイントです。

 

ノイズ発生の原因としては、機器の動作に影響は及ばないが、電力的には足りない状態でCDユニットのアンプが動いている為、かなりの負荷が掛かって・・・といったところだと思います。CDユニット本体が異常に熱くなっていたのもその為だと思います。

 

上記の事例では端子の緩みが原因だったのですが、端子の緩みが無く一見正常に接続されているように見えても、端子部分で配線が断線しかかっている事もあります(細い配線などは特に)ので、取り付けから数年経過している場合は接続部分などの確認や、端子を打ち替えて接続をし直す事も必要かと思います。

 



 
 

作業工程画像、作業詳細書面お渡しサービス

有りそうで無い・・・お客様から大変喜ばれているサービスです。。。