女性のための車講座

 

 


 

こでは、車の事は全く分からないという女性の方に少しでも楽しいカーライフを過ごしていただきたく、分かりやすく解説しています。今まで車の事は店任せ・・ご主人任せ・・の方は是非ご覧下さい!

 


 

オイル交換って本当に必要?

 

車のトラブル 前兆を見逃さないために

 

音で分かる車の不具合

 

日頃の運転・・大丈夫?自分では気づかない迷惑行為

 

自転車にヒヤッとした事はありませんか?  車と自転車

 

 

ガソリンの種類

 


まず初めに車が走る為の燃料です。今ではセルフのガソリンスタンドが多くなり自分でガソリンを入れる機会が多くなりました。

・レギュラー

・ハイオク

・軽油

車によって入れるガソリンの種類が違うのはご存じですか?

ごくたまに、「軽自動車だから軽油でしょ!」と言う方がいらっしゃいますが、それは大きな間違いです。軽自動車に軽油を入れてはいけません


それでは、ガソリンについて説明します。

レギュラーとハイオクの違いは、オクタン価の違いです。
日本本工業規格(JIS)では、オクタン価が96以上をハイオクガソリン、89以上をレギュラーガソリンとして定めています。オクタン価とは、ノッキング現象の起こりにくさを表わす数値のことです。


オクタン価は一般的に高いほどエンジンの回転は滑らかになると言われています。自動車用のガソリンは全て無鉛です。有鉛は禁止されています。

 

ガソリンの性能だけを考えると、全ての車にハイオクガソリンをいれれば燃費も性能も向上するのでは?と思いますが、レギュラー指定の車にハイオクを入れても体感できるほどの効果はなく、金銭的に無駄になってしまいます。しかし、車が壊れることはないので、間違って入れてしまっても大丈夫です。

 

逆にハイオク指定の車にレギュラーを入れると、燃費が悪化します。車によっては体感出来るほどのパワーダウンになります。ガソリンじたいはハイオクよりも安く、いっけん節約できたかのように思いますが、結果的に燃費の悪化を招きガソリンの消費量が増えトータル的にはマイナスになります。車にとっても良くありませんので、ハイオク指定の車にはハイオクを入れましょう。

 


次に、ガソリン車に軽油を入れると・・

ガソリン車に軽油を入れるとノッキングと黒煙が激しくなり、最終的にはエンジンが停止してしまいます。早めに気付いてエンジンを停止していれば
プラグのみの交換で済みますが、重症だとヘッドを分解して軽油の抜き取りと洗浄が必要となります。

 

軽油車にガソリンを入れると・・

軽油車にガソリンを入れるとノッキングと白煙が激しくなり、最終的にはエンジンが停止してしまいます。こちらの場合はガソリン車に軽油を入れた時と違い、潤滑不足により燃料ポンプと噴射ノズルが破損(酷い時はヘッドにヒビが入る)しますので大変高額な修理費用がかかることになります。

セルフスタンドで自分で間違えて入れた場合は、どちらにしても費用が掛かりますので、ご自分の車の指定ガソリンの種類は把握しておきましょう。

 

 オイル交換って本当に必要?