オイル交換は本当に必要なの?


 

オイル交換といえばエンジンオイルの交換ですが、車のオイルはエンジンオイルだけではありません。

 

・エンジンオイル

・ミッションオイル

・パワステオイル(パワーステアリング、ハンドルを軽い力で動かすことの出来る装置。これがないと、女性も男性の運転するのに凄い力がいる)

・ブレーキオイルなど

 

 

 

車のエンジン内部にはいろいろな金属部品が激しく回転したり上下に動いてます。

金属部分が擦れ合うと鉄粉が出来、鉄粉が詰まると当然動かなくなりす。オイルはエンジンをスムーズに動かす為の潤滑油です。

潤滑油が鉄粉などをブロックし、金属部分の内部に入るのを防いでくれたりします。その大切な役割のオイルですが、時間やエンジンの使用状態により減ったり劣化していきます。

最近の車は性能が良いので、実際のところ半年や1年オイル交換をしていない・・という車でも直ちに危険というわけではありませんが、エンジンにはかなりの負担が掛かっていて、結果的に調子が悪くなったりトラブルの原因となります。

後々の修理代での出費を考えると、やはり定期的にオイル交換はした方がよいでしょう。

オイルといっても、エンジンオイルだけではありません。車のオイルはそれぞれに役割があり劣化し、当然交換も必要です。

エンジンオイルの交換とATオイル(オートマ車のトランスミッション)の交換などは、耳にした方も多いと思います。

車によって使用するオイルの種類が異なりますので、車に合ったオイルを選びます。年式の古い車はユーザーがある程度自由に選んでも問題のないものが多いですが、最近の車は指定のオイルを入れた方が無難です。

車のトラブルを避ける為にも、3000kmから5000kmの間でオイル交換をしましょう。

ほとんど乗らないという車でもオイルは劣化していきますので、走行距離にかからわず、最低でも半年に一度はオイル交換をしましょう。

 

 車のトラブル 前兆を見逃さないために