ケーブル1つで音が変わる???


 


カーオーディオの専門誌や、一般のホームオーディオ誌などで、ビックリするほど高価なケーブルが紹介され、販売されていますが、果たして本当に値段に見合った音を出してくれるのでしょうか?

 

例えば、今までごく普通のDVDプレーヤー購入時に付属で付いていたRCAケーブル・・・などから、1m数万円もするようなケーブルに交換すると・・・音は当然ながら良くなります。(または、良くなったかのように感じます)

 

しかし、価格に見合っているのでしょうか?その高価なケーブルと1m数千円程のケーブルとでは、どんな違いがあるのでしょうか?

単純に、一般的な商品は値段相応でやはり価格に見合った性能や機能が付いてくるものだと思います。

パソコンなどは、価格が上がればそれなりにスペックも向上し、性能の良い商品が手に入ります。記載の数字や体感的にも低スペックと高スペックでは明らかな違いが分かります。

 

オーディオのケーブルではどうなのでしょうか?

 

価格が高い物は、誰が聴いても必ず良い音を伝えるのか、安価なケーブルとハッキリとした違いはあるのか・・・

実際には、オーディオ誌などでの紹介文や宣伝の仕方次第で惑わされている事や、先入観などがあって、自分自身で聴いてみるまで、善し悪しは分かりません。

 

カーオーディオではどうでしょう?

 

車専用のケーブルってだけで、価格がやたらと高い物がありますが、ケーブル自体の質はどうなんでしょう?車専用のケーブルは阻害なく電気信号を伝送してくれるのでしょうか?

ノイズ防止とうたっているが、実はさらにノイズを誘発している商品もあります。

何だか???だらけになっていますが・・・「カーオーディオ用」という物に惑わされないで下さい。

 

オーディオ全般に関して、必ずしも価格に見合った性能や音質が確保されていると思うのは間違っています。

 

高いからイイ物だろう・・・と決めつけ、安易に購入するのは避けて下さい。

価格と性能(音質)のバランスをまず考えて下さい。これは、ケーブルに限っての事ではありません。オーディオ製品全般に言える事です。

1m 3,000円のケーブルと、1m 30,000円のケーブルでは、差額の27,000円を出してまで見合う音質かどうか・・・です。

 

 

 

 

値段以上のケーブルを

 


 

イイ音を・・と、カーオーディオを交換する際に、お客様が一番気にされないのがケーブルです。

ヘッドユニットと、アンプ、スピーカーには皆様わりと慎重に選ばれますが、いざケーブルはどうされますか?とお聞きすると、全く考えていない場合が多いです。

機材に予算を掛けすぎて、ケーブルまでの予算がない・・・

結果、ケーブルは適当で・・・という場合もあります。

当店では、お客様にオーディオをお勧めしていく中で、ケーブルも重要と考えています。

当店がお勧めするのは、高価なケーブルではありませんが、値段以上の音を奏でてくれます。

 

RCAケーブルでは BELDEN8412

同じくBELDENの88760 RCAもiPod用ケーブルとしてオススメしていますが、車での使用は、ケーブルが固く取り回しが難しいです。音の違いは、88760より8412の方が柔らかい感じがします。

BELDEN8412は、屋外での使用にも耐える丈夫な作りとなっています。「カーオーディオ用」ではありませんが、車での使用もOKです。もちろん、ケーブル全般に対してですが、取り回しには十分注意する事が前提です。。。

スピーカーケーブルに至っては、何と AE線という電気工事用などの「銅の単線」をお勧めしています。詳しくはこちら

純正デッキ・純正スピーカーのお車でも、スピーカーケーブルだけを交換する事によって、音に違いが出ます。

もちろん、他のケーブルにも、良い物は沢山あります。ネットの口コミなどを鵜呑みにせず、自分の耳で聴いてみるのが一番ですが、音にも好みがありますので、なかなか評価は難しいと思います。

 

 


 

ケーブルをお求めのお客様は こちら

 


 

 

以前から個人的に好きで、よくホームページを拝見していたプロケーブル様とご縁があり当店ではプロケーブル様の商品の取り扱いを行っています。

プロケーブル様のサイトを拝見すると、目から鱗の情報が沢山あり面白いですよ。

 

店長のひとりごとのページでも、ケーブルの選び方を掲載してありますので、よろしければご覧下さい。。。

カーオーディオの実態

 

 アンプのゲイン調整

 

RCAケーブルやスピーカーケーブルについて、「どれが良いの?」との問い合わせを多くいただきます。

比較対象とされる「BELDEN」「MOGAMI」では、ケーブル自体の品質についてはどちらも大きな差はありません。

音質に関しては組み合わせるシステムによっても変わるので、このあたりは本当に好みとなります。

車で使用の場合は、何度も作業を行うのは大変なので失敗なく選びたいですね。。。

その辺も踏まえて問い合わせが多いのですが、こればかりは本当に「好み」としか言いようがないのです。。。

ケーブル自体の品質・性能や価格も比較的近い存在なだけに、どちらかを選ぶ決定的な決め手が「好み」でしかなく、当店も毎回、回答に困っています。

同じBELDEN・MOGAMI であっても型番が違うと音質も異なります。それを大分類としてメーカーだけで判断するのは、そもそも無理があります。

車での作業を何度も行うのは困難なので、可能であれば一旦ご自宅のオーディオを使用して「BELDEN」「MOGAMI」の両方を聴き比べるのが一番納得出来る方法となります。

2種のケーブルを購入するので余計な費用となりますが、車での再作業を行うよりは費用的にも節約出来るかと思います。

当店では、カーオーディオにBELDENのケーブルをオススメしていますが、耐久性や個人的に良く聴くジャンル及び組み合わせるオーディオのシステムなどから判断した結果となります。

耐久性に関しても、どちらも甲乙付けがたくMOGAMIを選ばなかった理由としては、これまた単なる好みです(笑)

どちらのケーブルも全く同じ土俵で勝負すれば、時には49対51、時には52対48、また別の機会には50対50 など、本当に僅差でしかありません。

 

それでも、どうしてもどちらが良いか?と言われれば・・・

オーディオシステム・スピーカーによってもかなり異なるので一概には言えないのですが、セパレートスピーカー又はコアキシャルスピーカーを取り付けでツイーターの高域がキンキンと耳障りに感じる場合はMOGAMI(2534)を・・

そしてフルレンジスピーカーを取り付けで、高域の広がりが物足りないと感じるのであればBELDEN(8412)を・・

上記は、全てのパターンに当てはまりませんし、高域の感じ方も人それぞれです。型番が違えば音質も異なり感じ方も逆になる場合もあります。その旨をシッカリと考慮して数ある選択の一つとしてお考え下さい。

上記は、スピーカーをしっかり鳴らす施工(ドアのデットニングや制震)を行っている事が大前提です。

 

こんな事を言えば怒られそうですが、どちらが良いのか分からず選べないのであれば、あみだクジで選んでも良いぐらいです(笑)

それだけ双方のケーブルは信頼出来るという証なのですが・・・

 

 


 

 作業工程画像、作業詳細書面お渡しサービス

有りそうで無い・・・お客様から大変喜ばれているサービスです。。。

 

 


 

☆オーディオ施工ご依頼のお客様へお願い☆

オーディオ取り付け、施工をご依頼のお客様へ、当店からのお願いです。。。

施工期間が長く、その間に紛失などといったトラブル防止の為にも、お荷物は必ず撤去し、車内には私物の無い状態でお預け下さい。貴重品などを残したままでの作業は承る事が出来ません。ETCカードを残したままといった場合が大変多いので、お気を付け下さい。