最高のフルレンジをさらに贅沢にパワーアップ
 

  

PHASS アルニコマグネット仕様のフルレンジスピーカーは、それ単体でもセパレートのスピーカーでは味わえない生々しい音質が再生可能です。
フルレンジスピーカーは、そもそも低音から高音までが再生可能なので、基本的にはフルレンジを使用する場合、ツイーターは必要ありません。

このページの一番下あたりにも記載していますが、PHASS RE50以上のシリーズのアンプを使用する場合には、ツイーターは全く必要ありません。

以下の方法はRE以外のアンプでスピーカーを鳴らす場合、より理想に近づける方法として現在、当店がオススメしています。

基本はフルレンジのみなのです。








PHASS FD0590


PHASSに限った事ではありませんが、車内でのフルレンジの取り付けでは唯一の欠点が出てきます。(車種によって様々ですが)
それは、スピーカーの取り付け位置が大きな理由ともなりますが、足元付近にスピーカーを取り付ける事によって、どうしても高音域が耳に届きにくい・・というのがあります。

高音域が鳴っていないのではありません。

スピーカーの取り付け位置やシートポジションの関係で、高音域が弱く感じてしまう場合があるのです。


上記のフルレンジの欠点があるからこそ、セパレート型のスピーカーが現在では主流となっています。
では、セパレートのスピーカーには欠点は無いのか・・・というと、ツイーターを上部に取り付ける事によって、高音域が耳に届きにくいといった欠点は無くなりましたが、
ミッドレンジとツイーターという2つのスピーカーに別けてしまった事で、中音域が薄くなってしまった事と、逆に高音域ばかりが耳に付き長時間聴いていられない、又は耳が痛い・・などの欠点があります。

ごく簡単に言うならば、フルレンジとセパレートの最大の違いは中音域です。
本当は、もっと色々と違いがありますが、今回は省略いたします。
これは、試聴すれば必ず誰でもが分かる程の違いがあります。

セパレートでもフルレンジと大差の無いスピーカーは・・・というと、残念ながら現在のところ見つけ出す事は出来ていません。


フルレンジを、さらに至福の音質に・・・とは、フルレンジの唯一の欠点をカバーする事です。
そこで当店では、PHASSのアルニコマグネット仕様のフルレンジにツイーターを追加で鳴らすという方法をオススメしています。

ツイーターなら何でも良いと言うわけではありません。
アルニコマグネットの生々しい音質を邪魔しない相応のツイーターが必要です。


PHASS AT58



NT25ex


①ツイーターの追加は、フルレンジから出る高音域をサポートする為です。
②フルレンジでは出ない高音域をツイーターから鳴らす・・・という考えではありません。
①と②では、ツイーターを追加するという根本的な理由が異なりますので、混同しないで下さい。

フルレンジは、フルレンジとして周波数のカットは無しでそのまま鳴らします。
ツイーターは、使用のツイーターに合わせて、又はお客様のお好みに合わせてクロスポイントを設定し、ネットワークを制作します。

現在ではPHASSから、フルレンジとツイーターの組み合わせを考慮したネットワークが発売されています。
フルレンジと最も繋がりが良く、違和感のないネットワークとなっています。
上記画像のAT58又は、NT25exがフルレンジとの組み合わせでは最適となります。

ツイーターは補助的な役割となりますので、基本的には大きく鳴らす事はありません。
ただし、お好みによって鳴らし方は自由に調整可能とする事も出来ます。





上の画像はアッテネーターです。



ネットワークの制作段階でツイーターに抵抗を増やす場合と、そうでない場合にはツイーターにアッテネーターなどの減衰器を使用して、お好みに合わせて調整します。




上は、アッテネーターをハンドル前のスペースにインストールした画像です。
アッテネーターは、ツイーター1つにつき1つ必要となります。
手に届く所に設置する事で、CDや曲によってすぐに調整する事が出来ます。
(エスティマ・ハイブリッド)




上は、センターコンソールにアッテネーターをインストールしています。
スバル・レヴォーグです。下の画像もレヴォーグですが、オーナー様は違います。。。




上の画像はレヴォーグにAT58 アルニコツイーターをインストールしています。







上の画像2枚はエスティマ・ハイブリッドです。
ALPINEの車種別ツイーター取り付けキットを加工しています。





ツイーターを取り付ける事により、フルレンジから耳に届きにくい高音域を補助する事と、フルレンジだけでは取りにくい定位を取りやすくする・・・
ツイーターを付ける事によるメリットはかなりありますが、デメリットはありません。

ただし、ツイーターのチョイスと音量が大きなポイントとなります。
主張するほどの音量では逆に耳障りとなる事もありますので、用途をシッカリと把握した上での音量調整が必要となります。

PHASS アルニコマグネット仕様のフルレンジスピーカーに同レベルのツイーターの取り付けでは、フルレンジの欠点を補い、一般のセパレートタイプの欠点を克服したまさに極上至福の音質となります。

ただし、フルレンジのスピーカーを最大限まで引き出し、十分に鳴らせる事が重要なポイントです。ドアを間違った施工で行い、フルレンジが十分に鳴っていない場合、または音質自体が悪い場合には、ツイーターの追加は単なる誤魔化しとなり、それでは至福の音質にはなりません。




上記の全ては、PHASS RE50シリーズのアンプを取り付けた場合には必要ありません。
RE50シリーズのアンプを取り付ける事により、車内での欠点は全て解消されてしまいます。
音の広がり方や、臨場感が他のアンプとはまるで違います。



 
作業工程画像、作業詳細書面お渡しサービス

有りそうで無い・・・お客様から大変喜ばれているサービスです。。。


 

☆オーディオ施工ご依頼のお客様へお願い☆

オーディオ取り付け、施工をご依頼のお客様へ、当店からのお願いです。。。

施工期間が長く、その間に紛失などといったトラブル防止の為にも、お荷物は必ず撤去し、車内には私物の無い状態でお預け下さい。貴重品などを残したままでの作業は承る事が出来ません。ETCカードを残したままといった場合が大変多いので、お気を付け下さい。