FD 0590 EX


 

通常の13センチ アルニコフルレンジを、よりパワーアップさせた極上のフルレンジ「EX」が発売されました。

通常のアルニコフルレンジでも音質はすでに完璧でしたが、「EX」は予想を超える音質となっています。

通常の13センチ アルニコフルレンジ × 50Hi のアンプの組み合わせでは、車内とは思えない程の臨場感とクリア感で、他のシステムを圧倒していました。当店では、この組み合わせの音質が最高だと思っていましたが・・・


 
~施工例~

ヴォクシーハイブリッド

・フロント 13センチ アルニコフルレンジ FD 0590 EX
・フロント AT58 アルニコツイーター (ネットワーク PX201W)
・リア 13センチ アルニコフルレンジ FD 0590 EX
・AP2.25 2chアンプ (フロント・リアに各1台)








AT58 アルニコツイーターは、音量調節の為アッテネーターを使用し、ごく少量で鳴らすようにしました。お好みで、調整可能となっています。

今回、上記の組み合わせで取り付けをし、出てきた音にビックリです!!

今までのアルニコフルレンジからの比較となりますが、まず低音の違いです。絶妙なバランスで低域が出ています。主張し過ぎないのにシッカリと出ていて、その低音が今までになく心地良いのです。
中高域は、今までにない広がり感でフルレンジ特有のデメリットが一気に解消された感じです。AT58 アルニコツイーターは必要無かったかな。。。と感じるぐらいです。

フルレンジのデメリットとは、取り付け位置がドア足元の場合、高音域が届きにくく定位が下がり気味になるといった現象が起きやすい・・・詳細はこちらをご覧ください

通常の13センチ アルニコフルレンジ × 50Hi の組み合わせに近い音質が出てきた事に、逆にショックを受けたぐらいです(笑)

ヴォクシーが完全にオーディオルームになりました。











AT58 アルニコツイーターに据え置き用土台をオリジナルで制作しました。



上の画像は、アッテネーターにBOXを制作した状態です。




 

☆オーディオ施工ご依頼のお客様へお願い☆

オーディオ取り付け、施工をご依頼のお客様へ、当店からのお願いです。。。

施工期間が長く、その間に紛失などといったトラブル防止の為にも、お荷物は必ず撤去し、車内には私物の無い状態でお預け下さい。貴重品などを残したままでの作業は承る事が出来ません。ETCカードを残したままといった場合が大変多いので、お気を付け下さい。